2012年10月23日火曜日

スコルピオ・パンタ


   A面の『ガルクラフト』のエントリーで書いたカスタムクラフト滋夢の話でも。

   作場氏と自分が東京モーターサイクルショーに出展していたのは90年前後ですが、
   バイクブームが始まった80年初頭には数々の有名ショップが出展をしていました。
   この頃はハードパーツが現在のように無いので外装のカスタムがメインでしたね。
   そして82年のショーでカスタムクラフト滋夢がスコルピオ・パンタを発表したのです。
   
   スコルピオ・パンタはZ400FXをベースに頭脳警察のパンタ氏が滋夢に特注した、
   鋭いノーズのオールインワンボディが特徴的なスーパーカフェレーサーです。
   当時、高校生の自分は後楽園ホールで開催されていたモーターサイクルショーを
   初めて見に行き、滋夢のスコルピオ・パンタに強い衝撃を受け深く感動しました。
    
   数ヶ月後、チューニングバイクという本にスコルピオ・パンタの製作記が載っていて、
   モデリングからFRPの製作までの工程が写真とキャプションで掲載されていました。
   中学生の頃にデザインに関心を持つようになったのですが、この記事を見てからは
   絵(デザイン)を描くだけでなく物(モデリング)を作ることを考えるようになりました。
    
   で、作場氏との会話ですが「カスタムクラフト滋夢って知ってます?」て聞いたら、
   「滋夢でFRPの事を教えてもらった。」と作場氏、、、相変わらず世の中狭い!





最近、千葉の山奥でスコルピオ・パンタの型が発掘?されたようです。