2016年5月27日金曜日

飛騨エアパーク


  で行われたEV-01Aの評価走行に行ってきました。
   現地ではまだ小雨がパラついています。




   今回は水谷氏の希望で岸本氏もマシンの評価テストをすることになりました。
   確かに日本で一番多く電動レースバイクに乗っているのは岸本氏ですから、
   これ以上の適任者はいないでしょう。世界で戦う男達の名刺交換。




   チームモビテックがボンネビルマシンの走行準備に入ります。




   チームMIRAIも今年のパイクスマシン(名称未定)を持ってきました。
   興味津々で車両を観察するモビテックのスタッフ。




   水谷氏によるポジショニングのレクチャー。
   少し腰を浮かしたジョッキーのようなライディングスタイルです。




   チームMIRAIとチームモビテックのコラボはスマホメーターから始まっていました。




   雨が止んだので滑走路に移動します。




   先ずは水谷氏が走行ます。しばらく見ない間にロケットスタートになっていましたね。
   追走するのは岸本氏とパイクスマシン。
   後ろからEV-01Aの挙動を確認するだけでなく自らのマシンのテストも兼ねています。
   



   次は岸本氏の出番です。スタッフから基本操作を教わります。




   初乗りにしていきなりの全開!「おおっ!」とどよめくモビテックのスタッフ。
   水谷氏の「イッキに加速した方が車体が安定する。」とのアドバイスを
   受けてのことでしょうが、普通はできません。




   2本目も無事に戻ってきました。




   スタッフに走行インプレッションを伝えます。
   この後は水谷氏と交互に何本かの走行を繰り返します。




   ヘリコプターの離発着がありしばしの休憩タイム。




   いい感じに横風が吹いてきました。これからが評価テストの本番です。




   レーシングスーツでは暑いぐらいの日差しになってきました。




   本日の主目的は車両の重心位置を変えてテストを行い、
   それを2人のライダーが評価することで精度を高めていく作戦です。




   往路は水谷氏。




   復路は岸本氏。パイクスマシンで追走するのは水谷氏。




   重りを前や後ろに積んだり前後に積んだりして地道にテスト走行をします。




   前回のJARI高速周回路のテストで、EV-01Aの走行安定性の低さの問題は
   重心位置に起因すると考察した水谷氏のライダーとしての直感は的中したようです。
   岸本氏も挙動がかなり普通のバイクに近づいたと言っていました。
   ようやく安心して本来のパフォーマンスが発揮できるマシンに仕上がってきたかな。




   こういったチームJAPAN的なコラボもたまには良いものですね。
   水谷さん、岸本さん、モビテックのスタッフさん、今日はお疲れさまでした!




   EV-01A 飛騨エアパーク実走テスト。
   http://marumasumotorcycle.jp/blog-entry-4212.html

2016年5月23日月曜日

打合せと納品


   イベントは終了しましたが休む間もなく動いています。


   ㈱モビテックのテクニカルセンターへ新型アッパーカウルの打合せに行ってきました。
   7月初旬にはEV-01Aをボンネビルに発送するのでスケジュール的にはタイトです。




   テクニカルセンターに来た時の楽しみは近くの蕎麦屋での昼食。
   寿司が五貫ついていて千円なんだからコスパ良すぎでしょ!




   腹ごしらえを済まし、午後からは一宮市の㈱MIRAIにバッテリーボックスの納品です。
   デモ車製作中のハードワークの合間をぬって何とか完成させました。
   今年のパイクスマシンの作り物はこれで終了。のハズ・・・。




   箱を載せて現車確認します。寸法ぎりぎりの設計でしたが問題はないようですね。
   今年は多国籍チームなのでマシンの情報はまだ出せないとのこと。



   
   帰りの東名高速では睡魔との闘いでした。(さすがに途中で仮眠を取りました。)


   モビテック・EVバイクプロジェクト~Vol.24 2016年度の取り組み~
   http://blog.mobitec.co.jp/main/mblo/archives/2016/0507_090058.html


   公式ニュースリリース(News release)アップしました!
   http://ev-mirai.com/blog/archives/10905

2016年5月22日日曜日

2016 SR Meeting


  に出展させて頂きました。

   これまではイベント事というとチームMIRAIの電動バイクを借りての出展でしたが、
   今回は弊社にてデザインから製作までした、カスタムSRのデモ車の展示です。




   会場を提供してくれた㈱デイトナのテストコースを埋め尽くすSR。




   各ショップブースにはビルダーご自慢のカスタムSRが並びます。
   ロケットカウル大好き人間なのでついつい反応して撮ってしまいますね。




   ガレージセールもSR Meetingの魅力。つねに人垣が絶えませんでした。




   さすがに1000台超えは期待しすぎたか。
   それでもトータルで500台以上は来場していたような気がします。
   (24日追記 760台も集まったそうです!)



  
   永遠のライバルだと自分が勝手に思っているSamson Blueの新作。
   ようやく同じ土俵に立てました。若さんにはまだまだ負けられないからね。




   ヨーロッパのカスタムシーンを掘っている人には分かるスタイリングと構成は、
   プロには受けてもお客さんにはイマイチ響かなかったか・・。
   SRデモ車のディテール画像と製作記はゆくゆくブログにUPする予定です。




   弊社のブースに足を運んでくれた皆さん、本当にありがとうございます!
   とくに遠く千葉から来てくれたガルクラフトの作場さんに少しは刺激になったかな。
   そして2016 SR Meetingの開催に尽力してくれた関係各位さま、お疲れさまでした。
   引き続き来年も出展できるようにガンバリます!

2016年5月21日土曜日

完成!


   2016 SR Meetingのデモ車が完成しました。

   明日は天気も良さそうです。弊社のブースにてお待ちしております。


2016年5月19日木曜日

新型フェンダー


   NH6の新型フロントフェンダーが出来ました。
   Moto2ではトレンドのインナーチューブまで囲うタイプです。




   こちらはFIM CEV レプソルMoto2ヨーロッパ選手権第1戦の映像です。
   弊社が関わっているマシン(89番)がトップ争いをしてるなんて夢のような話ですね。

2016年5月17日火曜日

タイムリミーット!


   ようやく先が!明かりが!!出口が!!!見えてきましたー!!!!
   テンション高いです!ハイになってます!

   本日、全ての艤装品を㈲ラマニーズへ塗装に出しました。
   しかし安心するのはまだ早い。明日からは車体を仕上げなければいけません。
   タイムリミットまであと3日!
   

2016年5月16日月曜日

2016 SR Meeting


   日時 5月22日(日)10時~15時
   場所 ㈱デイトナ テストコース
   主催 バイクガレーヂ スラクストン
   詳細 http://www.sr-meeting.com/


2016年5月11日水曜日

タイムリミット


   22日に開催される2016 SR Meetingまでの残り時間が少なくなってきています。
   今日はシートベースを仕上げてシート屋さんに発注してきました。
   ベースは量産品と一品物では作り方が違ってきます。




   ビキニカウルの方は成形型を製作中。
   気に入らなくてやりなおしたりして半日ぐらいはあっという間に無駄になる造形と違い、
   やったらやった時間だけ進んでいく工程に入ったのでだいぶ楽になりました。




   楽になったとは言ってもタイムリミットとは刻々と近いづいています。
   あぁ、まだフェンダーが残ってる。。

2016年5月8日日曜日