2015年5月29日金曜日

冷却ダクト


  が出来ました。

   EV-01の艤装品で唯一のカーボンパーツです。
   カーボンにした理由は単純に作りたかったから。だってカッコイイじゃないですか!
   このあと内側に粉末造形のガイドを接着すれば完成です。




   以前にマスターのジョグルのコーナー部を逃がす理由を書きましたが、
   画像を見れば一目瞭然ですね。お分かり頂けたでしょうか。




   先が見えてきたような見えてこないような・・・。

2015年5月28日木曜日

ロアーカウル


  とフロントパネルが出来ました。

   少し先が見えてきたかな。


2015年5月25日月曜日

2015年5月22日金曜日

成形型・その3


   今週はEV-01の成形型を作っていました。
   休みの前までに型を貼り終えておくのはお約束です。

   来月のベンチと実走テストに向けて納品が遅れることは許されません。
   そういう時に限って何故か仕事がたくさん入ってくるんですよね。
   これもお約束。


2015年5月18日月曜日

シート


   本日は㈱モビテックにEV-01のボディカウルとシートカウルを納品しました。
   先週末に出来上がったばかりのフレ-ムにさっそく取り付けます。




    この2つの部品を先行していたのはシートを作るためです。
    製作を担当するのはFULL GAINの古川氏。
    ベースとクッションまでを彼が仕上げてレザーは外部に発注するそうです。




   相変わらず仕事が速いです。
   自分は別件の打ち合わせに向かうためここで離脱。




   古川君が帰りに弊社へ寄ってくれました。ホント仕事が速いな!




   FULL GAIN  http://infomation.fullgain.jp/

2015年5月15日金曜日

シートカウル


  が出来ました。何とか月曜日の納品に間に合いました。

   塊として見ると小さいのですが面積の多さはボディカウルとそう変わりませんね。
   こういうところを気をつけないと見積りを失敗したりします。




   モビテック・EVバイクプロジェクト~Vol.12 外装(カウル類)開発について~
   http://blog.mobitec.co.jp/main/mblo/archives/2015/0513_093012.html

2015年5月14日木曜日

バッテリーボックス


  が出来ました。

   さっそく㈱MIRAIに送りました。岸本さん、後はよろしくお願いします。

   今日は韋駄天のモーターが回りました。レシプロ車でいうところの音出しですね。
   それにともない開発コードの韋駄天から正式名称の韋駄天ZEROになったようです。


2015年5月13日水曜日

ボディカウル


   昨日のうちに積層しておいたEV-01のボディカウル。




   ゲルコートはグレーにしました。
   弊社ではグレーのゲルコートは白ゲルと黒ゲルを混ぜて作ります。
   そのため色の濃淡がそのつど変わるんですよね。
   各パネルの色調が微妙に違う等身大ガンダムみたいでカッコイイかな~と。



立ちました!


2015年5月12日火曜日

マスターモデル・その5


   韋駄天の方も止まっている訳ではないので進捗具合をご報告。


   タンクシートは既にマスターが完成しています。




   こちらはカメラホルダーのマスターです。弊社で展開しました。




   デザインや造形の仕事は作品のみによって評価されます。
   時間が無いからといって中途半端な仕事をすれば作品は世に残ってしまいます。
   どうすれば格好良くなるかを常に考えているような答えの無い作業ですから、
   低予算はアイデアでカバーするにしても時間的にタイト過ぎるのはNGです。

   乱暴に言ってしまえば、タンクシートを作らなくてもカメラホルダーを付けなくても、
   韋駄天はパイクスピークを走ることができます。
   ただ弊社が関わっている以上、中途半端なモノは世に出せない。し、出させない。
   そんな思いで仕事をしています。

   出来ません!って言っちゃえば楽なんだけどね~。

2015年5月11日月曜日

成形型・その2


   マスターモデルから脱型をしているところです。
   抜くためのフランジをあらかじめ作っておいてそこをハンマーで叩きます。
   画像は2cmぐらい浮いた状態です。ここまでくれば楽勝ですね。




   型磨きと離型処理が終わりました。
   あとは型紙を取ればEV-01のボディカウルの製作に入れます。


2015年5月9日土曜日

マスターモデル・その4


   EV-01の残りのマスターモデルが納品されました。
   これで全ての艤装品のパーツが揃ったことになります。




   冷却ダクトの内側に接着する粉末造形の部品も出来てきました。
   デザインとコストの折り合いをつけるのに苦労しましたね。




   成形型の方はボディカウルの補強が終わりました。
   シートなど他のパーツもパラレルで進行中です。


2015年5月8日金曜日

成形型


   サフェーサーを研いで、




   ゲルコートを吹いて、




   FRPを貼って、




   補強を入れれば完成です。

2015年5月4日月曜日

マスター仕上げ


   マスターモデルの仕上げに入ります。


   まずはジョグルの確認をして問題のありそうな所を手直しします。
   画像下のジョグルは1.5mmの段差で設定されていますが、
   相手部品はコーナーでプリプレグ材がラップしてくるので内側が厚くなります。
   そのため最初からマスターのコーナー部を逃がしておくのです。
   あとは全体の角Rのチェックと修正をして次に進みます。




   ウレタンは浸透しやすいので目止めに樹脂を塗ります。
   ケミウッドだとこの工数自体が必要ありません。
   硬化後にザラついた面をサンドペパーで足付けして次の工程へ。




   サフェーサーを吹きました。
   樹脂もサフェーサーも透明色なので作業した雰囲気が伝わりませんね。
   続きはGW休み明けに再開します。




   EV-01はコストを抑えるためマスターは材料費の安い硬質ウレタンで製作しました。
   そのためケミウッドで作られたマスターに比べると仕上げの手間が掛かります。
   またサフェサーが厚塗りになってしまうため形状の精度も落ちますね。
   優劣ではなく目的に合った方法を選べば良いと思います。

2015年5月2日土曜日

マスターモデル・その3


   EV-01のボディカウルのマスターモデルが納品されました!
   思った程は大きくないですね。イヤ、大きいか・・


2015年5月1日金曜日

同時進行


   5月になりました。

   現在、弊社では㈱モビテックのボンネビルレーサーEV-01の外装と、
   ㈱MIRAIのパイクスマシン韋駄天の製作が同時進行しています。
   よってエントリー内容が入り乱れて少し分かりづらい記事になっています。
   しばらくはこの状況が続くと思われますのでご理解ください。

   さて、GW休業のお知らせです。

   5月2日~5月6日の5連休になります。

   それではよろしくお願い致します。