2015年4月12日日曜日

JOINTS 2015


  に行ってきました。
   既に駐車場からしてカスタムショーです!




   3000人を超える長蛇の入場列に対して入り口は一ヶ所かありませんでした。。
   11時から並んで会場に入れたのは12時半!武道館でもこんなには待たないよ。




   まずはマルマスモーターサイクルラウンジのブースに行って水谷氏に挨拶。
   AMA世界新記録を樹立したマシンの前に表彰状が誇らしげに飾られていました。
   来たついでにボンネビルレーサーの各部を観察していきます。




   FULL GAINのブースにも立ち寄ります。
   キャラクターデザイナーである古川氏の奥様がデザインしたゲインちゃん。
   モビテックのEV-01 に入れるロゴステッカーをフライングゲインにして欲しいとのコト。
   帰り際にゲインちゃんの黒T を頂きました。あざ~す!




   静岡県西部の会社も出展していました。
   浜松のBBF。社長が大の車好きでエランやヨタハチで旧車レースに参戦しています。
   たしかウイットラボの新村社長とペアを組んで出場していたはず。




   こちらは磐田のダイナオガレージファクトリー。
   本業は注文建築ですが副業で始めたオーダーガレージが大当たり!
   経営的には手離れの良さは魅力ですからね。バイク乗りの知人も使っています。




   本日知り合ったばかりの袋井のBlast Studio。例のごとく色んな人と繋がってました。
   サンドとウェットブラストにパウダーやガンコートをメインに展開しつつ、
   本業である金属加工の技術を活かしたスチール家具の販売もしているようです。




   仕事も兼ねているので、チェックは怠りません。




   仕事では無いですが、せっかくなので。




   客観的に見るとシーンとしてのカスタムバイクは弱ってきているのかなと。
   具体的には展示車両が昨年と同様か既出で新鮮味に欠けた事。
   それとバイクのエントリーが減っているのを車でカバーしていた印象を受けました。
   あと入場待ちは酷かったけれど会場内が混んでいる程ではなかった感じです。
   道具として盛上がってきている広義のバイクシーンに比べると、
   カスタムという行為をヤメられない一部の人達の嗜好品になっていくのでしょうね。