2015年5月10日日曜日

SRミーティング 2015 in 山中湖


  に行ってきました。

   ティックルツーリングが企画されていたので便乗させてもらいました。
   なんと今年の初乗りです。




   山中湖の会場に着きました。今日は富士山が見えません。




   本日の目的は往年のシングルレーサー。
   BOTTやSOSの全盛時は各ショップが威信とプライドをかけて戦っていました。
   と言うより勝たなければチューナーを名乗れない雰囲気すらあったのです。




   ステップの位置と内幅こそロードボンバーの美学。
   ちなみに自分のSDRはステッププレートごと限界まで内側に追い込んであります。




   カミヤーフレームのオレブルSR。
   デビュー時の衝撃を今でも覚えています。フレームビルダーを目指した位だからね。
   今回はこれを見に来たようなものです。




   DR800エンジン搭載のガリーナTGA6。
   当時、スズキも800で何かを作っていたようです。
   テイスト路線が続いていれば市販されてたかもしれないですね。




   主役のSRの方はカウリング付きが流行っているような。
   例年に比べショップのデモ車やユーザーのカスタム車に多かった気がします。




   年一でサムソンの若松氏と話をするのも楽しみの一つ。
   SRの世界でもショップ主導のカスタムシーンが弱まってきているとの事。
   ただ展示するだけではシーンの強度は上がっていかないと熱く語っていました。
   いつも冷やかしだけじゃ悪いのでサムソンT をゲット。




   恒例のパレードランに参加して帰路につきます。




   半年ぶりに乗ったオートバイ。
   苦手なマスツーリングでオール下道の往復400キロ。
   楽しかったけれどさすがにバテました。皆さんお疲れさまです。




   カスタムシーンがユーザー主体となったSRミーティングに、
   ショップ主導だった時代のシングルレーサーが展示されていたのが何とも皮肉。
   1000台位は集まっていたようでミーティング自体は大盛況だったけれど、
   ショップからは景気の良い話は聞こえてきませんでした。
   まあ自分的には大満足だったけれどね!こんな本を持っているぐらいですから。




   『シングルロード』のエントリーの続き、いつか書かないとな~。。