2014年1月12日日曜日

東京オートサロン 2014


  に見学に行ってきました。

   4輪のカーボン製品やFRPパーツの関係者であれば一度は見学をするべきである、
   世界最大規模で開催される日本一のカスタムカーショーです。
   今年はさらに展示スペースが拡張されていて全部を回りきるのは不可能な程。
   毎年ごとに上書きされていく観客動員数は景気の回復と同調しているのでしょうか。
   輸送機器は基幹産業ですから、この勢いで日本の元気を牽引してほしいですね。
   




   出展車のカーボン部品はウエットやドライに関わらず増えていますので、
   オートサロンは同業者の製品を堂々と観察できる貴重なイベントになります。
   実際に見ると解る事とかが沢山ありますからね。

   




   エアロパーツ関係のデザインをしている人はトレンドを探ることが重要な仕事。
   最近は過剰すぎるディテールが必須条件なので成形会社も塗装会社も大変です。
   





   スーパーカーやレーシングカーのデザインも、これでもか!の過剰なディテールですが、
   フェイク無しの本物なので適切なディテールと言うべきですね。





   普段の生活ではお目にかかれない車を見られるのもオートサロンの良いところ。
   あえて華やかな場所に出向いて自身のモチベーションを保つことも必要です。
   




   同じ磐田市に在る㈱タジマモーターコーポレーションの2013 パイクスピーク参戦車。
   一昨年のリタイヤの雪辱を果たし去年は見事にEVクラスで優勝しました!




   ちなみに昨年の2輪の総合優勝はライトニングモーターサイクルズのEVバイク!
   ボンネビルスピ-ドトライアルにおけるEVバイクの最高速世界記録も持っています。